京都の和服レンタル

留袖


留袖とは?

留袖は、既婚女性の和服の中で最も格式の高い第一礼装です。

洋装で例えるイブニングドレスに相当する留袖は、結婚式などのお祝いの場で着られることの多い着物となっています。

地色が黒の留袖は黒留袖と呼ばれており、五つ紋を入れることで第一礼装となる着物です。

古い時代の黒留袖は、白羽二重の着物と併せて三枚で着られることが一般的でしたが、現在では比翼仕立てという便利な生地の登場によって、気軽に着用できる存在へと発展しています。

黒以外の地色で作られた色留袖は、三つ紋を入れることで、黒留袖に次ぐ第二礼服としての位置づけが高い着物です。

黒が「喪の色」と考えられる宮中では、後続の皆さんも色留袖を着て叙勲の儀式や宮中参拝などに参列しています。

留袖の準備は大変?

既婚女性の第一礼装となる留袖は、訪問着などと比べて価格が高いところが難点とされています。

また和服の場合は、着物の本体を購入しても、帯や小物、下着などの準備が必要となるため、全く和服を着た経験のない人には準備が難しいという問題もあるのです。

そんな留袖を結婚式などで着る際には、気軽に利用できるレンタル着物がおすすめです。

最近のレンタル着物店では、実際に貸し出ししている和服の写真なども掲載していますので、色柄や種類の知識がない人でもイメージしやすい時代になっていると言えるでしょう。

留袖レンタルの料金とは?

留袖レンタルの料金は「素材やオプションによって大きく異なる」と考えてください。

手軽に利用できるレンタル専用の着物は、長襦袢や伊達締めなどのオプション付きで7,000円~15,000円ぐらいで貸し出しが行われています。

また着物の素材が良くなると、数万円以上のレンタル料がかかることもありますので、実際にお店に行って留袖に選び方に関する話をじっくり聞いてみた方が良いと言えるでしょう。

和服レンタル京都 ランキングTOP5

料金7,800円
貸出時間最大3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料
料金6,800円~
貸出時間最大2日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金1,980円~
貸出時間3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金4,980円~
貸出時間記載なし
その他 -
料金9,800円
貸出時間最大6日以上
その他 ・着付けかんたん

ページトップへ戻る